メニュー

図解‼近視手術 ICL と 近視・遠視・乱視のしくみ

 

図解!近視・遠視・乱視とは?近視手術 ICL についても解説

 

近視(近眼)とは、近くはよく見えるが遠くがぼやけてみえる眼のことです

遠くを見るためにはには眼鏡、コンタクトレンズなどが必要です

近視の人は、眼球の奥行きが長い(眼球が大きい)です

眼球が大きいため、網膜の手前でピントが合ってしまい、近くは見えるけど遠くは見えません

(ピントが近くにあっている)

 

 

 

遠視では、眼球の奥行きが短い(眼球が小さい)です

遠視の人は、眼球が小さいため、網膜の後ろにピントが合います

遠くを見るのにも、近くを見るのにも、目の調節力を使って物を見ています(ピントがどこにも合っていない)

(=眼精疲労の原因にもなります)

調節力が足りない場合は見えづらくなります

その際は眼鏡をかければ見えるようになります

 

 

 

正視の人はその中間です

正視の人は、物を見る時に、目の中のレンズ(水晶体)のピントが眼球の奥(網膜)にピッタリ合うことで、しっかりと見えます

(ピントが遠くに合っている、近くは目の調節力を使って見える)

 

 

 

補足老眼について

加齢により、近視でも正視でも遠視でも目の調節力は落ちます(近くが見えづらくなる=老眼

老眼はどの目、誰にでもおこります

ただ、遠視の人は、もともと遠くを見るのにも調節力を使っているので、近くを見るためには、更に調節力を使います

遠視の人が、近くを見るのための調節力は、遠くを見るよりも多くの調節力が必要です

遠視の人が近くのものを見るためには近視、正視の人よりも、たくさんの(調節)力が必要なのです

加齢により、誰でも(近視の人、正視の人、遠視の人)、調節力は落ちるのですが、近くを見るためにたくさんの調節力が必要になる遠視の人が、一番早く、老眼を自覚することになります

逆に、近くにピントがもともと合っている近視の人は、近くが見えているので、老眼の自覚が遅くなります

ただ、近視の人が、遠くにしっかりと度数を合わせた眼鏡やコンタクトレンズで、近くが見えづらくなれば、それは、老眼の始まりかもしれません

 

 

乱視は、多くが角膜(黒目)のゆがみによるものです

角膜のゆがみにより、焦点が1点に合わないため(ピントが合わないため)、見えづらくなります

乱視が強くなると、近くも遠くもはっきり見えず、子どもの場合は、視力の発達に支障をきたすこともあるので、眼鏡できちんと矯正することが大切です

また、角膜のゆがみがいびつな乱視は【不正乱視】といい、眼鏡では矯正できません

不正乱視は目のけがや角膜の病気に伴うものが多いです

 

 

 

上記のように、近視、遠視、乱視がある目屈折異常といいます

屈折異常があるからといって、全てが病気、治療が必要というわけではありませんが、

目が発達途中にある子どもの場合は特に注意が必要です

 

 

さて、屈折異常のことがわかったところで、

金沢文庫アイクリニックが力を入れている治療=近視手術ICLについてもお話したいと思います

近視手術ICLは、眼内にコンタクトレンズを入れて、近視を矯正する手術です

(※目の中に入れる専用のコンタクトレンズは、お一人お一人の近視の度数に合ったものが選択されます※)

ここで近視についておさらいですが、近視は網膜の手前でピントがあっているために

近くは見えますが、遠くは見えません

 

ここで、眼内コンタクトレンズを手術によって挿入すると…

網膜にピントを合わせることができるようになります

すなわち、遠くが【裸眼】で快適に見えるようになります

近くも、目の調節力で見えます

👇  👇  👇  👇  👇  👇  👇  👇 

「手術」となると、抵抗を感じる方もいるかもしれません

ただ、レーシックの手術と比べると、「角膜を削らなくてすむ」というのが最大のメリットです

(近視を矯正するために、レーシックは角膜を削ることで、網膜上にピントを合わせるようにする手術です)

(一度削ってしまった角膜は元には戻せません)

(角膜を削ることにより、ドライアイの悪化や、他の眼の病気の治療(緑内障や白内障)に影響が出ることがあります)

 

通常のコンタクトレンズを使うことに比べると、着脱のわずらわしさや、コンタクトレンズ使用に伴うトラブル、お手入れや購入の手間がなくなりますし、有事の時に、 「裸眼ですぐ行動できる」というのが最大のメリットです

 

眼内にコンタクトレンズを入れる」という言葉だけを聞くと、ちょっと恐ろしいかもしれませんが、

実は、この手術、白内障手術と、「眼内にコンタクトレンズを入れる」という点では同じなのです

白内障白内障手術に関して詳しくは別ページをご参照いただきたいのですが、

白内障手術は今日、当院でもたくさん行っているポピュラーな手術です

当院では手術経験も豊富で、たくさんの手術を受けた経験者がいます

周りに「白内障手術」を経験した方がいましたら、経験談を聞いてみていただくと、手術に対して理解が深まると思います

手術を経験した方の多くは「思ったより痛くなかった」とおっしゃいます

白内障手術、多焦点眼内手術に強い金沢文庫アイクリニックだからこそ、近視手術ICLをお勧めしたいのです

 

 

近視手術ICLについて詳しくはこちら

👇

近視手術ICL

 

近視手術ICLについてのブログはこちら

👇

新しい近視矯正手術ICLって何だろう?レーシックやコンタクトレンズとの比較検証!

 

 

 

参考文献

【眼科インフォームド・コンセント ダウンロードして渡せる説明シート】2018

金芳堂 (監修)下村嘉一 (編集)國吉一樹

 

2020/11/17

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME