メニュー

後発白内障

後発白内障(こうはつはくないしょう)

 

白内障とは、目の中にある水晶体(人の目をカメラに例えると『レンズ』)が、にごることで、

『見えづらい』『白く見える』などの視力低下を引き起こす病気です

白内障の手術では、この濁った水晶体を取り除き、代わりに『人工眼内レンズ』を入れます

人工眼内レンズを入れるために、水晶体の袋(水晶体嚢)は通常残します

白内障の手術では、水晶体内部の混濁した組織だけを吸引除去しているので、水晶体の袋は残るのです

この残した水晶体の袋(水晶体嚢(後嚢))が、白内障手術から数か月~数年で再び混濁(にごる)ことがあります

 

これが、【後発白内障】です

 

後発白内障は、誰にでも起こりえます

症状は白内障と同じで、『白くかすむ』や『ぼやけて見える』ですが、

本来の白内障とは別物で、再手術の必要はありません

 

治療法は、外来でのレーザー処置です

レーザーでは、濁った後嚢(水晶体の袋)に孔をあけて、再び光がよく通るようにします

レーザー処置そのものは数分程度で終わり、痛みはありません

外来にて、散瞳(点眼薬で瞳(黒目の瞳孔)を広げる)、レーザー、眼圧チェックなどあるので

来院してからご帰宅まで1時間ほどかかります

(目の状態、病院の混み具合によって更にのびることもあります)

レーザー処置を受けた日の生活に制限はありません

(ただし、レーザー後4~5時間は、自転車、バイク、車などの運転はできません)

食事も入浴も通常通り可能です

 

【参考】

後発白内障のレーザー処置はほとんど合併症のない安全な処置ですが、以下の合併症の可能性があります

飛蚊症、網膜裂孔、網膜剥離、出血、遅発性眼内炎、眼内レンズの脱臼など

 

 

参考文献

【眼科インフォームド・コンセント ダウンロードして渡せる説明シート】2018

金芳堂 (監修)下村嘉一 (編集)國吉一樹

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME