メニュー

スタッフ ブログ

角膜って何色?(2021.03.02更新)

角膜って何色?

 

皆様こんにちは

 

角膜ってどこの部分でしょうか?

 

角膜とは黒目の部分です

 

ですが、角膜自体は黒くないんです

ややこしいですね~( ;∀;)

 

角膜とは、黒目を覆っている皮のことをいいます

角膜とは、黒目の皮で、光が目に入るのに最初に通過するです

光が通過するためには、角膜は透明である必要があります

 

そう!

角膜って実は透明なんです

黒目を覆っている透明な膜(皮)のことを 角膜といいます

 

 

ではなぜ、角膜は、黒もしくは茶色に見えるのでしょうか?

 

黒目の中心は本当に【黒】ですよね

ここは瞳孔といって、目に入る光の入口になるところです

ここから話は難しくなるのですが…

瞳孔から目に入った光(映像)は、目の奥(眼球内)にある網膜に映され、電気信号に変換されます

そこからへ伝達されて情報処理を行い、人は物を「見ています」

目の奥側(眼底)では、目に入った光の反射は行われません

目の奥側(眼底)の色が黒いので、「瞳孔」は黒くみえるのです

瞳孔が黒いのではなく、目の奥が暗いから、黒く見えているのです

 

そして、周りの茶褐色の色は、虹彩の色です

外国の方だと、虹彩グレーだったり、だったりする方もいますよね

どうして虹彩の色が人によって(住んでいる地域や人種によって)違うのか、

気になった方は調べてみると面白いですよ

(すみません、私の文章では書ききれませんでした~( ;∀;))

 

虹彩の色は、人によってさまざまですが、

瞳孔の色はです

目の不思議は興味深いですね

 

金沢文庫アイクリニック 稲澤

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME