メニュー

新しい近視矯正手術ICLって何だろう?レーシックやコンタクトレンズとの比較検証!

[2020.11.07]

皆様こんにちは

今日は、金沢文庫アイクリニックで力を入れている近視治療ICLについてお話します

ICL治療とは、簡単に言うと目の中にコンタクトレンズを入れる手術をして、近視を治療することです

手術??となると、ためらう方も多いですよね

ですが、レーシックも近視矯正のレーザー手術です

レーシックで近視矯正したいと、もしお考えでしたら、是非、ICL治療も知っていただきたいのです

レーシックでは、角膜(黒目)をレーザーで削ることで近視を矯正します

ICLでは、角膜は削らずに眼内にコンタクトレンズを入れます

角膜を一度削ってしまうと、近視が矯正できても、削った角膜はもう元には戻せません(☜重要です)

ICLは角膜は削らずに、眼内にコンタクトレンズを入れるのですが、術後に何かしらの理由で、取りたくなった時は、取り出せるのです(☜つまり、目を術前の状態に戻すことができるのです)

従来、一度レーシックをすると、角膜が薄くなる問題、眼圧への影響(眼圧が低く出る)などがあり、近視以外の他の眼の病気の治療(緑内障の経過観察や、白内障手術など)に影響や支障が生じる場合もあります

もし、身近に白内障手術をした方がいたら、手術がどうだったか聞いてみてください

どうしてかといいますと、白内障手術のやり方と、ICL手術のやり方は、【眼内に人工レンズを入れる】という点では同じだからです

白内障は、目の中の【水晶体】(=人の目をカメラに例えるとレンズの役割)が加齢などにとり、にごってしまい見えづらくなる病気です

白内障手術では、にごった水晶体を取り出し、代わりに【人工眼内レンズ】を入れるのです

ICL手術では、水晶体はそのままに、人工眼内レンズのみ入れます

身近に、同じような手術をした方がいたら、経験談が聞けて安心ですよね

白内障手術をした方の多くは、「見えるようになった!」と喜んでくださいます

当院は、白内障手術の経験も豊富で、実績もあります

つまり、白内障手術が得意な当院だからこそ、ICL手術にも自信があります

 

次に、コンタクトレンズを使用することとの比較をしていきたいと思います

近視を矯正するために、コンタクトレンズを使われている方も多いですよね

ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズなど、多種多様です

コンタクトレンズは、とても便利です

ただ、目に直接つけるコンタクトレンズは、トラブルもあります

そして、適宜交換したり、お手入れしたり、寝る前には外さなければならなかったりと手間もかかります

昨今、豪雨や台風、地震などの自然災害で避難を余儀なくされることも増えてきています

緊急時に、「急いで眼鏡やコンタクトレンズをつけなければ!!」ということもあると思います

その時に、もしICL手術をしていれば、裸眼ですぐに行動できるのです

「裸眼ですぐ行動できる」「裸眼でよく見える」というのが一番お勧めしたいことでもあります

 

最後に、ICL近視手術のいいところばかりを述べてきましたが、言っておかなければいけないデメリットもあります

それは、費用が高額なことです

当院治療ですと、59万~65万円(税抜)です

(手術代、レンズ代、術後1か月の定期検査代が含まれています)

レーシックよりは高額になってしまいます

でも大切な「目」の手術には、どちらがいいでしょうか?

 

「ならコンタクトレンズでいいや」と思われた方も、考えてみてください

例えば、1day使い捨てコンタクトレンズ使用の方ですと、

1か月でコンタクトレンズ代5000円×12か月=6万

10年で60万、30年で180万、50年で300万!!です

買いに行く手間や、目にかかる負担、着脱のわずらわしさ、コンタクトレンズ使用に伴うトラブルを考えたら

ICL手術をすることは、そんなに高額な負担ではないかも知れません

 

ICL近視手術について更に詳しくは、金沢文庫アイクリニックHPをご覧ください

 

 

金沢文庫アイクリニック 稲澤

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME