メニュー

近視と遠視と乱視👀

[2020.02.29]

皆様こんにちは

金沢文庫アイクリニック 検査員 稲澤です

 

皆様は近視ですか?遠視ですか?乱視ですか?

近視や乱視の方は

「私は近視です」

「昔から乱視があるんだよね」

などと答えてくださいます

 

意外と【遠視】の方は、ご自身が遠視と知らないことがあります

なぜかと言うと、軽い遠視(度が弱い)の場合、

自分の目の調節力を持っていれば、遠くも近くも見えるからです

=目が見えるので、近視も乱視もないと思ってしまうのです

【遠視】をご存じない場合もあります

 

ただ、加齢により、目の調節力が衰えてくると、

今まで見えていたはずの遠くが見えなくなり、

目が悪くなったと思われるのですが、

正確には目が悪くなったというよりは、

今まで隠れていた?遠視が表にでてきただけのこともあるのです

 

ここで簡単にですが、

【近視】・・・近くにピントが合っている

【乱視】・・・ピントが合う場所が2か所あるので、ものが二重に見える

【遠視】・・・近くにも遠くにもピントが合っていない(目の調節力を常に使ってものを見ている)

 

近視や乱視の方は、見やすくするために眼鏡をかけますが

軽度の遠視の方は疲れにくくするために

=(目の調節力を使わなくてすむように)眼鏡をかけます

 

余談ですが、私は【遠視】です

この仕事をするようになって初めて遠視だと知りました

遠視の場合は、見え方に不便がない場合もあるので気が付かない、

知らないことがあるのです(勿論度によります)

ただ、常に目の調節力を使って物を見ているので、目が疲れやすいです

そのせいかは分かりませんが、昔から読書が嫌いでした(笑)

 

 

近視と乱視、遠視と乱視は1つの目に同時に起こることがあります

(検査してみると、ほとんどの方は乱視をお持ちです)

ただ、乱視の度数が大きいか小さいかで、自覚するかしないかの違いなのです

これは、近視や遠視にも言えることです

 

眼科の視力検査では遠視か近視か乱視か、というのもお調べしています

気になる方は聞いてみてくださいね

ちなみに、なにも屈折異常がない方は【正視】と言います

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME