メニュー

近視手術ICLのQ&A②「ICLとレーシックの違いは何?」

[2021.02.11]

皆様こんにちは

ICLのQ&Aシリーズ②

 

今回は『ICLとレーシックの違いは何?」です

 

ICLレーシックも、手術によって近視を矯正することは同じです

違いは、簡単に言うと

ICLは、目の中にコンタクトレンズを埋め込んで近視を治す

レーシックは、角膜を削ることで近視を治す

です

大きな違いは

ICLは、将来、目に入れたコンタクトレンズを取り出す必要が出てきたとき(例えば、白内障手術をする時)、レンズを取り出して目を手術前の状態に戻すことができます

逆に、レーシックは、一度角膜を削ると、角膜を元に戻すことができません

これが大きな違いです

近視手術ICLは、『角膜を削らずに』近視矯正ができるため、

レーシックが抱えていた問題である

〇ドライアイの出現

〇近視の戻り

〇いつかくる白内障手術へのリスク

などをなくすことができるのです

 

近視手術ICLについて詳しくはコチラ

 

近視手術ICLにご興味を持たれた方は

まずは適応検査ご予約を

ご予約は、当院にお気軽にお電話ください

※尚、適応検査には費用がかかりますことをご了承くださいませ

(追記)WEB予約始まりました(^^)/当院HPよりご予約ください

金沢文庫アイクリニック 稲澤

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME