メニュー

屈折異常~近視、遠視、乱視~

屈折異常~近視、遠視、乱視~

 

近視(近眼)とは、近くがよく見えるが遠くがぼやけてみえる眼のことです

遠くを見るためにはには眼鏡などが必要です

近視の人は、眼球の奥行きが長い(眼球が大きい)です

 

遠視では、眼球の奥行きが短い(眼球が小さい)です

 

正視の人はその中間です

正視の人は、物を見る時に、目の中のレンズ(水晶体)のピントが眼球の奥(網膜)にピッタリ合うことで、しっかり見えます(ピントが遠くに合っている、近くは目の調節力を使って見える)

 

近視の人は、眼球が大きいため、網膜の手前でピントが合ってしまい近くは見えるけど遠くは見えません(ピントが近くにあっている)

遠視の人は、眼球が小さいため、網膜の後ろにピントが合うため、遠くを見るのにも、近くを見るのにも、目の調節力を使って物を見ています(ピントがどこにも合っていない)(=眼精疲労の原因にもなります)

調節力が足りない場合は見えづらくなります

その際は眼鏡をかければ見えるようになります

※加齢により目の調節力は落ちます(近くが見えづらくなる=老眼)

 

乱視は、多くが角膜(黒目)のゆがみによるものです

角膜のゆがみにより、焦点が1点に合わないため(ピントが合わないため)、見えづらくなります

乱視が強くなると、近くも遠くもはっきり見えず、子どもの場合は、視力の発達に支障をきたすこともあるので、眼鏡できちんと矯正することが大切です

また、角膜のゆがみがいびつな乱視は【不正乱視】といい、眼鏡では矯正できません

不正乱視は目のけがや角膜の病気に伴うものが多いです

 

上記のように、近視、遠視、乱視がある目を屈折異常といいます

屈折異常があるからといって、全てが病気、治療が必要というわけではありませんが、

目が発達途中にある子どもの場合は特に注意が必要です

 

【補足】

眼鏡枠(フレーム)の大切さ

眼鏡をかけてきちんと見えるには、レンズと眼球が正しい位置関係にあることが大切です

これが狂ってしまうと、良く見えないばかりか、眼精疲労の原因になります

眼鏡をかける方は、度数の確認も大事ですが、定期的にフィッティング(=眼鏡フレームがゆがんでいないか、顔に合っているかなど)確認した方がいいかもしれません

 

子どもの近視は進行します

体の成長に伴い目が大きくなるためです

身長の伸びが止まるころには近視の進行もゆるやかになります

子どもの近視は進行するので、レンズの度数のこまめな交換は勿論、顔の大きさも成長するので、フレームもこまめに交換が必要になってきます

顔の大きさに合ったフレームでないと、きちんと見えないからです

 

金沢文庫アイクリニックでは、子どもの近視の進行を抑制する治療にも力を入れています

近視の進行を抑制するための点眼薬(低濃度アトロピン点眼薬)や、近視の進行を抑制するために就寝時にコンタクトを装用して寝る治療(オルソケラトロジー)です

 

お子さんの近視に関して気になることがございましたらご相談ください

 

参考文献

【眼科インフォームド・コンセント ダウンロードして渡せる説明シート】2018

金芳堂 (監修)下村嘉一 (編集)國吉一樹

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME