メニュー

急性緑内障発作

急性緑内障発作

 

 

【急性緑内障発作とは】

 

遠視の人の白内障の進行によりおきることがある

隅角(=角膜と虹彩の間の房水の排水口)が急に閉塞しておこる

(隅角閉塞により、眼内を循環している房水が排水されずに、急激な眼圧上昇が起きる

突然、目が赤くなる、視力低下、眼通、頭痛、嘔吐

急性緑内障発作の場合、すぐに眼科受診を

発作が起きる前の予防が大切

予防は、レーザー治療か、早めの白内障手術

 

 

白内障の検診などで、眼科を受診した際に

「白内障が進行してきたので、急性緑内障発作のリスクがあります。発作を予防するために、白内障の手術をお考えください」

と言われる方がいます

 

白内障があっても、自覚症状として「見えづらさ」がなければ、なかなか手術に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

見えなくて困っていないのに、手術なんてしたくない…と思うのは、もちろんだと思います

 

当院でも、白内障の手術のタイミング=見えづらくて不便がでてきたら、が基本です

ですが、目の状態により、当院から白内障の手術をお勧めする場合があります

その一つが、急性緑内障発作を予防するための、白内障手術なのです

緑内障なのに、白内障手術??とややこしいですよね

 

急性緑内障発作を予防するために、どうして白内障手術が必要なのでしょうか?

その理由をお話します

 

~遠視、近視、白内障と隅角(ぐうかく)(=角膜と虹彩(こうさい)の間の房水の排水口)

遠視の方…眼球サイズ小さい  隅角狭い

近視の方…眼球サイズ大きい  隅角広い

白内障で眼の中の水晶体が厚くなる→虹彩(こうさい)が押されて隅角狭くなる

 

隅角が狭くなると、目の中を循環している房水が排出されづらくなり、眼圧が上がってしまいます

遠視の方は、もともと隅角が狭く、白内障の進行により更に隅角が狭くなっていき、うつむき姿勢など何らかの原因で急に隅角が閉じてしまう

→→→急性緑内障発作となるのです

 

もともと遠視の方で白内障がある方は急性緑内障発作のリスクが高いのです

(急性緑内障発作のリスクがあるかは、検診でわかります)

 

白内障の進行により狭くなってしまった隅角を広げるのには、白内障の手術が有効になります

遠視の方(遠視の眼は隅角が狭い)で白内障が進行すると、厚くなった水晶体により隅角が押されて更に隅角が狭くなります

隅角が狭くなるということは、房水の排水口が狭くなる→房水が排出されづらくなる→眼圧が上がりやすくなるということです

白内障は目の中の水晶体がにごって、視力低下を引き起こしますが、白内障の進行により水晶体が少し厚くなり隅角を狭くしてしまいます

白内障手術では、にごった水晶体を吸引除去し、代わりに眼内レンズを挿入します

眼内レンズは水晶体よりずっとうすいので、白内障のある水晶体のせいで狭くなっていた隅角が広がって、眼圧が上がりにくくなります

⇒白内障の手術をすることで、急性緑内障発作のリスクが下げられるのです

その場合は早めの白内障手術が勧められます

 

 

隅角が急に閉塞し、急性緑内障発作が起きると

突然に、眼痛、頭が割れるように痛い、眼が赤くなる、視力低下、嘔吐

「かすみがかったように見える」「電灯などの光に輪がかかったように見える(=虹視庄)」

などの症状がでます

万が一、発作が起きたら、すぐに眼科を受診してください

発作により視力低下が起きた場合、治らないことがあります

 

急性緑内障発作は、起きる前の予防が大切です

レーザー治療か、早めの白内障手術になります

 

もし、「急性緑内障発作のリスクがあるので、早めの白内障手術をお考えください」と言われたら、「まだ見えるし、白内障手術なんて嫌だな」と頭から否定せずに、先生の話をよく聞いてご検討ください

 

 

参考文献【眼科インフォームド・コンセント ダウンロードして渡せる説明シート】2018

     金芳堂 (監修)下村嘉一 (編集)國吉一樹 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME