メニュー

成人の斜視

成人の斜視(しゃし)

 

【斜視とは…右目と左目が違う方向を向いている状態です】

 

斜視には、

外斜視(がいしゃし)→片目が外を向く

内斜視(ないしゃし)→片目が内を向く

上下斜視→目が上下にズレる

回旋斜視(かいせんしゃし)→眼球が回転して起こる

があります

 

【斜視の原因として・・・】

 

①共同性斜視(きょうどうせいしゃし)…外眼筋(※1)に麻痺がないタイプ

≪種類≫

廃用性斜視…片目が弱視や失明している場合にみられる斜視、外斜視が多い

(原因)視力の左右差

間欠性外斜視~恒常性外斜視…こどもの頃から持っている斜視で徐々に複視を自覚する

(原因)近視の進行や老眼による輻輳(ふくそう)(=寄り目で物を見ること)機能の低下

内斜視…徐々に複視を自覚

(原因)ほとんどが原因不明

固定内斜視…強度近視に伴う内斜視

(原因)強度近視による眼球の変形と脱臼

など

 

②麻痺性斜視(まひせいしゃし)…外眼筋に麻痺があるタイプ

(原因)脳腫瘍、脳梗塞、脳動脈瘤、糖尿病などにより外眼筋を動かす神経が麻痺する、外眼筋そのものに炎症が起こる、腫瘍や外傷により物理的な障害が起こる

麻痺性斜視が疑われる場合には、CTやMRIなどで、脳や神経に病気がないか調べ、その結果によっては、内科や脳外科で治療する場合があります

CTやMRIなどで明らかな異常がない場合、自然治癒を期待する、眼鏡で補正(光を曲げるプリズムが入った眼鏡)、手術などが検討されます

 

(※1)外眼筋(がいがんきん)

眼球にある目を動かすための筋肉

片目につき6本ある(内直筋、外直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、下斜筋)

 

【斜視があると・・・】

 

遠近感がわからない

物が2つに見える(複視)

美容的な問題

目や体が疲れやすい

などの問題が生じます

 

成人の斜視は、子どもの斜視とは異なり、患者さん自身が自分の症状を理解しています

その症状のために、日常生活が困難であったり、外見が気になったりします

「斜視」について、普段から、気軽に相談できるかかりつけ医があると安心ですね

 

成人の斜視で最も頻度が高いものは、子どもの頃から持っている間欠性外斜視(※2)の自覚症状が顕在化するパターンです

複視を自覚したり、目が疲れやすくなったりします

 

(※2)間欠性外斜視(かんけつせいがいしゃし)

間欠性となっているように、常に斜視になっているわけではなく、まっすぐ普通の目線になっているとき(=外斜位がいしゃい)、ズレているとき(=外斜視)があります

 

また、視機能(見え方)とは関係なく外見が気になる理由で手術した場合で、斜視眼の視力が良い場合、手術すると、物が2重に見えて(=複視)困ることがあります

複視を我慢しても、手術をして美容的な整復を望む方もいます

 

斜視は、ほとんどの症例で手術の適応ですが、プリズムレンズ(光を曲げるレンズ)を用いた眼鏡が適応になることもあります

 

 

【斜視手術を受けるにあたって注意すること】

 

①以前に斜視の手術を受けたことがあれば、必ずできるだけ詳しく担当医に伝える

眼科の診察では、過去の手術歴がわかりません

また、子どもの頃に受けた手術は、本人が忘れていることもあるので、確認してください

外斜視の治療目的の患者さんで、子どもの頃に内斜視の手術を受けている場合は、前回の手術を受ける以前の古い写真があると、昔の目の位置を確認するのに参考になります

 

②手術後は、物が2重に見えて困ることがあります(複視)

術後に複視が生じた場合は、生活に支障がでる場合もあります

ただ、美容的問題を解決したいので、複視は我慢するという考えの人もいます

術前に、担当医とよく相談して、手術するかどうかをご検討ください

 

 

「斜視の手術」については別項目をご参照ください

「子どもの斜視」については別項目をご参照ください

 

 

参考文献

【眼科インフォームド・コンセント ダウンロードして渡せる説明シート】2018

金芳堂 (監修)下村嘉一 (編集)國吉一樹

 

 

記入:2020/09/14 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME